人気ブログランキングに参加してます! 子育てしながらインターネットを通じて販売するリサイクル業を営んでおります。

札幌市内在住ななぱぱの子育て&ヤフオク&マケプレ&趣味の日記です。 札幌市内でしたら無料出張買取いたします。詳細はこちらのブログにて・・・! 買取に関する話&音楽&本&その他の記事、不定期更新してます。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝、おきてメール見ると、アマゾン様からマーケットプレイスの書籍の送料、およびカテゴリー成約料の見直しのお知らせが届いてました。

簡単にまとめますと2010年8月23日から6ヶ月間の限定で

以前は本の配送料が340円が、変更後は250円

そのときのアマゾンへの成約料が80円→60円

となるようです。

正直、自分はこんなようなことがいつか起きる気はしてました。というのもアマゾンの配送料340円は高額だ、的な論争はこれまで何度も行われてきたことだからです。
しかし気になるのは「書籍」のカテゴリの手数料見直しと書いてますのでゲーム、CDその他は変わらないのでしょうか?

上記のパターンで自己発送の本で考えますと、
購入者は「1円」プライスの本を購入した場合、いままでは「341円」のお支払いでしたが、改定後は「251」円で買えるということで購入者には嬉しいお話ですね。

しかし出品者の立場から考えると嬉しくないですね、たぶん・・・

本売れたときの出品者に入る俗に言う送料差額的な取り分が、「260」円→「190」円と、なんと70円も減ってます~~~。

これは低単価商品を多数出す出品者には非常に逆風とみます。

まず、1円本で利益を出すのが非常に難かしいです。ブックオフせどりをされてる方は大抵安くても105円で仕入れてるはずですのでメール便最低料金で発送しても梱包費、手間賃、人件費考えたら赤字確実です。
業者は安く仕入れれるから利益は出せると思いますが、それでもこの収入減額は痛いはずです。

書籍カテゴリのみの価格改定だとしたら現状「200」円の身入りですのでCDのほうが本より入金が多くなるのでCDやその他のカテゴリにシフトチェンジしようと一瞬思う方も増えるのかもしえませんが、個人的予想では、本の改定が好評だった場合、その他も足並みを揃えてくるのは時間の問題と思われます。

あと一ヶ月ありますので、色々猶予がありますが、個人的には、価格改定するときが一番困りますね・・・
本は+250円、CDは+340円と・・・違うのが・・・

まあ、6ヶ月の期間限定ですので不評で終了することを祈ります(おそらくその願いは届か・・泣)

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。