人気ブログランキングに参加してます! 子育てしながらインターネットを通じて販売するリサイクル業を営んでおります。

札幌市内在住ななぱぱの子育て&ヤフオク&マケプレ&趣味の日記です。 札幌市内でしたら無料出張買取いたします。詳細はこちらのブログにて・・・! 買取に関する話&音楽&本&その他の記事、不定期更新してます。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自分は、もともと読書好きだが、読まないときは全く読まない、一ヶ月に一冊も読まないときもあれば、一日に何冊も読み続けるときもある。

そして今、猛烈にビジネス関連の書籍を読み漁ってる。

今、自分的の立場として、さらに突っ走るべきか、方向を転換するかの選択をせまられている・・・
まあ自分で追い込んでいるだけなのかもしれないが。

自分の考えとしては、安定した仕入れ(実はこれが一番難かしいが)をして、常に商品をインターネットサイトに供給し続けていれば、あとは画面の向こう側のお客様が買ってくれる。

というふうに単純に考えていて、実際、やり方さえ間違わなければ(実は自分はこのやり方を散々間違い、いま現在も生活レベルは厳しいのだが)

安定して生活できるという形はできるのだが(実際今年で開業5年目ということもあり・・・)

やはり数年後、いや今年の夏にはどうなっているかわからないのが、この世界。

少しでも商売のヒントが欲しい。そんなときは自分はすがるように本を読む。

株で悩んだときは、グラハム、ピーターリンチ、ロジャース、フィッシャーなどの著名人を読みあさり、結局ウォーレンバフェットに落ち着き、彼の銘柄選択術が紹介されている本を参考に、会社四季報の最新号を一日中読みあさり、勝負銘柄を研究していたのはもう何年前だろう・・・

それで持っていた銘柄がライブドアだったのは今ではいい思い出(泣)

そして今、ネットショップというかインターネットサイトにおける手数料収入事業で大成功していると思われる方々のベストセラー本(アマゾンでいう1円本)を今週末時間があれば読みふけっている。

自分がヤフオクやアマゾンをやっていて常々思ってるのは大事なのは、サービス業をしているという意識。
確かに他店になく自分の店のみが圧倒的な集客力を持つ黄金アイテムを扱っていれば、少々サービスが落ちてようが、買っていただけると思う。

・・・がそんな美味しい商材がそうそう転がってるわけもなく、かりに見つかってもそれらはすぐに競争激化となりまたたくまに値下げ合戦、供給過多、不良在庫・・・

そして自分がさらに常々思ってることは、アマゾン、ヤフオク、楽天の3強は、集客力が別格ということである。手元に確実な資料がないので推測での話ではあるが、ネット通販サイト日本国内における売上高はおそらく現在Amazonがダントツで一位と思う。
他に通販サイトで思い当たるといえば、ジャパネットたかたをはじめとする家電系、DHCなどの化粧品通販、オフィス用品カタログ通販サイトや楽天ブックスなどだが、アマゾンの現状を見るとこれからもアマゾンの売り上げはどんどん伸びていくと思う。

そしてアマゾンの凄さはその本体での収入+(プラス)手数料収入ビジネスにおいてもヤフー、楽天とともにものすごいチカラを発揮していると思う。

~~~

とある大型ショッピングモールにふらっとやってきたお客が、とある本屋に入ったところ、

入り口の横に店員が立っていて、「いらっしゃいませ!本日はバーゲンブックフェア開催中です。ぜひご覧ください」
と声かけしていた。

その店員の前を通り
進んでいくと、

本棚の前に何十人もの店員が声掛けしている光景に出くわした。

「こちらは文庫本コーナーです」

「ここは新刊コーナーです。当店売り上げ本日ランキング10位以内をそろえております」

「この棚は、児童文学書コーナーです」

なぜ、棚ごとにわざわざ店員がいるのだろう、と不思議に思ったのだが特に気にせず今日、買おうと思った東野圭吾の新参者という単行本を目当てに作家コーナーの東野圭吾作品の棚を見ていくとお目当ての新参者の新刊を難なく発見した。立ち読みできないようにきっちりシュリンク包装されていたが、よく見るとその横に「おためし」と書かれていた冊子があり目次から数十ページの内容が紹介されていて冒頭から数ページ内容確認することができる。
ずいぶんサービスの充実した本屋だと思いつつその新刊を手に取ろうとした瞬間、棚の下部分に一枚の紙に書かれた文字に思わず目がいった。

中古はこちら

そう書かれた紙の下の棚を見て驚いた。新参者の中古商品と思われる本が3冊そこには並んでいた。
その3冊は棚に平積みされており、一番上の本は値札800円、真ん中は810円、一番下の本は2400円であった。同じ中古なのにずいぶん差があるなと商品を確認していくと、一番上の本は最安値ではあったが小口が黄ばんでいた。真ん中の本は使用感少なく新品同様に見える。一番下の中古本は並品であったが、著者の直筆サインが入っていた。いわゆるコレクターズアイテムなのだろうか。

新刊は、1600円以上するので、中古とはいえ新品同様に見える本が定価の半額ほどで買えるのはおトクと思ったので、最初の新刊購入する予定は変更され中古の真ん中の810円の本を買うことにした。

「お買い上げですか。ありがとうございます」

その声で振り返ると店員がどこからか現れ「本をお持ちします」
と購入予定の本を持ってくれた。そして店員は慣れた手つきで中古商品の棚を綺麗にそして最安値が一番上に確実に来るようにきっちり整理整頓していた。

そして作業をてきぱきこなしつつ他の棚から数冊、本を手に取り話しかけてきた。

「お客様、東野圭吾さんの新参者という作品を購入いただいたお客様は、これらの商品もよくご一緒に購入しておりますよ。あわせてどうでしょうか?」

店員の手には、同じ東野作品の「麒麟の翼」や「私が彼を殺した」などの加賀刑事シリーズが数冊手にとられていた。ふーむ、やはりこのように購入意欲のあるお客にすかさず、関連書籍をすすめてくるとは、すごい店だな、と感心したがいまのところ特に一冊でいいや、と思ったのでそのまま会計することにした。

「じゃあ会計で」と店員に言うと店員は置いてある巨大なカートに商品をいれ、レジまで運びます、と言ったのでそれに従うことにした。初めて入ったがすごいサービスが良いな、と感じた。

そのとき持ってた携帯電話が鳴り出ると妻からの電話で、あった。

「悪いけど帰りに、子供の紙おむつと、サラダ油が切れたから買ってきて~」

面倒だな、と思いつつもここは大きいショッピングモールなので一度に揃えれるかも、とカートで本を運ぶ店員に食品を売ってるお店や子供用商品を売ってるお店がモールにああるか聞いて見ると驚きの答えが返ってきた。

「どちらもございますし、具体的な商品名を言っていただけますと我々店員がただちに商品をこのカートに入れて、全てまとめてお会計できます」
というのでぜひともお願いするとおどろくほど迅速に希望の紙おむつとサラダ油をカートに運んできてくれた。

すごい本屋だな、ここは。

またぜひともこのお店を利用したいと心から思った。

ただ・・・人件費などのコストが半端なくすごいだろうな・・・とも思った。

~~

上記(自分が書くとアラが多いですが汗)のようなことをアマゾンはインターネットサイトでに実現しています。
自分を含め、一度アマゾンの便利さに慣れてしまい気がつくとAmazonでワンクリックしてしまう方も多いのでは・・・

もちろん、他の大手ヤフーオークション、ショッピング、楽天市場もものすごいスピードで日々進化し続けております。そして知れば知るほど(書籍でですが)この3大サイトを活用しない手はないと思いました。

ただ、やるからにはどのような商材を売るか、売り方、目標etcやること、考えることが色々ありすぎ、悩みに悩む日々なのでした・・・







スポンサーサイト


昨日、嫁が夜、仕事から帰宅するなり、嵐の新曲、お店で予約受付はじまったよーーーというのでアマゾン見ると初回盤は、すでに受付してなかった。

まあこの流れは、毎度のことだが、(この数年アマゾンで嵐の初回盤シングルをまともに予約できたためしなし汗)
今回のシングルはドラマラッキーセブンの番宣CMでガンガン流れてたときから非常に良い曲な気がしたので、別なお店で予約しました。

今日は、退団会見として、ダルビッシュが札幌ドームでファンのみんなの前で語ってくれました。

テレビで中継されていたので見た人も多かったと思いますが、
彼は語りました。

以前、メジャーリーグに行くくらいなら野球をやめる、と言ったが、その気持ちは今も変わらない。
と前置きはしたうえで、

日本の野球を下に見られるのが嫌、行って世界ナンバーワンの投手になりたい、等
震える言葉の連発で感涙ものでした。


そのとき「オラは強いやつと闘いてえ!」と言っていたゴクウを思い出しました。

卓越した才能を持ちながら、それにおごらず人一倍、練習し、野球について深く考え、食事から球場
の特性から細かいことにも野球に関するものごと全てに深く考え研究する努力し、そんな自分の努力して得たことを惜しげもなく披露する素晴らしい人間性、

はっきりいってダルビッシュはメジャーで成功するとかしないとか、何勝できるとか、そういう次元ではなく

彼は行くべくしてアメリカへ行くのである

そんな気がしてきました。



「最終的にまたここに戻ってくれたら嬉しいなと思います」

と言ったダルビッシュ。

待ってますよ、

でもそれは20年以上先の話、

メジャーリーグで最も成功した日本の投手が監督して日ハムのユニフォームを着ることを・・・









自分は細かい作業が非常に苦手である。
特にパソコン関連のことだとちんぷんかんぷんなことが多い。

先日いつも利用しているアマゾン出品商品用の価格改定ソフトがアマゾン仕様変更に伴いどうしてもバージョンアップしなくては使用できない環境となったため面倒だったが、トライすること一週間(笑)
ダウンロードして解凍してインストールするだけの単純作業なのだがまず解凍の意味や手順がわからず、調べること数時間、ようやく納得。

というわけで、こんな単純作業すら苦手なのでできれば面倒なことはしたくない・・・
と思っていたが、なんやかんや物事が進み、どうしても近日中にHTMLタグを駆使してネットサイトに販売ページを作らねばならなくなった。

ちなみにHTMLタグは<BR>で改行できる、ということくらいしか知らない(汗)まさにテンプレートさまさまです。
なので、面倒なことは業者様にお願いしようと、某超有名インターネット企業ご推薦(提携?)の会社に料金を聞いてみるとリーズナブルな最安値プランで、おどろきの○万円!!それも○箇所だけで・・・ということは自分のあこがれる、○や○や○などいじったらおそらく数十万円は軽く・・・(汗)

とてもではないが、零細なウチではそんな大金は出せない~というわけで、パソコンを所有して10年以上もたち、いまさらながらHTMLタグについて初めて調べることに(笑)

ネットでHTMLタグについてみていくと親切に説明しているサイトが多く、読んでいくとなんとか自分でもできそうだ、とはじめてみました。

で、やってみると結構、面白いし、楽しいですね。とりあえずページの端のほうに枠を入れてその中に文字を入れるというおそらく非常に簡単であろう作業を無事、完了し満足感を得るも、これだけの作業を夕食後に開始し、無事完了できたのが深夜だった事実を目の当たりにしたとき、

会社に依頼した場合のサイト製作料数十万円~が決して高額ではないと思ったのであった・・・

さて、自分は、何日で脱落するか・・・



いつものように業務をこなし、久々にスパガのサイトを見てびっくり!!
えりりんのグループ卒業が発表されてる?!
しかも2月5日ってもう半月くらいしかない(汗汗)

地味にダルビッシュのレンジャーズ入り決定も吹っ飛ぶくらいびっくりした(泣)

ちなみに一推しはれいちぇる、二推しはあみたなのだが、やはりスパガは12人でないとしっくりこない
自分であった・・・

~近況~昨年後半から今年初旬にかけ、販路拡大してます。それは自分からであったり向こうから誘っていただいたりラジバンダリーーー(なつかしいですね)

しかしながら困った問題が・・・仕入れが厳しい(泣)

今度は物集めに四苦八苦してます。

そして最近は毎日梱包してます、早朝、暗いうちからひどいときは、また暗くなるまでひたすら・・・

でも最近は、たまに嫁がヤフオク出品用の画像をデジカメで撮ってくれるようになりました(ホッ)

一人より二人ですね。

そして夜は最近、きき湯~を浴槽に入れながら風呂につかりビジネスアイディアを考えるのが日課です。
妄想です・・・
その後酒を飲んで翌朝には忘れてしまうのですが(汗










加藤成亮からシゲアキに改名したシゲのデビュー作。
いよいよ出ますね。

おそらく売れるでしょう。自分も一度は読んでみたいです。期待してます。
しかしながら、ここ最近は完全に個々の活動が目立つようになったNEWSですが今年こそはメンバー全員でツアーといわずとも公の場に揃った姿を見たいですね。

そして期待といえば、もうすぐ直木賞の発表ですね。

今回は個人的には、ものずご~い名前が出てきましたね!!

ここ最近では、ノミネート常連の、葉室 麟 氏。直木賞候補常連だった道尾さんが受賞した流れをみると順当にいけば、大本命といいたいところですが、今回はほかにもビッグネームがいます。
そう、恩田陸さんです。ベタですが夜のピクニックは、好きでした。
大好きな作家の一人ですので前回ノミネート同様今回も影ながら応援しております・・・が、

今回は更なる大御所、昭和時代から活躍する本格ミステリー作家といえば自分の心の中ではこのお方、歌野晶午氏がついに直木賞候補です!!!
ここ最近ではやはり「葉桜の季節に君を想うということ」が一番心に残っております(最近といってももう10年近く前の作品ですが汗)
ネタばれになるかもしれないですが、サクサク読みやすいハードボイルド風な楽しいストーリーが後半にはきっちりミステリーとして楽しませてくれ乾くるみ氏のイニシエーションラブ同様、決して実写化できないであろう後半部分は何度読んでもいまだに色褪せない名作とおもいます。タイトルにもしっかりと意味があり当時何度も唸ったものでした。

恩田氏、歌野氏、葉室氏と超ビッグネームが揃った今回は果たして誰か?!それとも他の3人か?!まさかの受賞者無しか?!
個人的には恩田氏、歌野氏ダブル受賞を期待です。





よくいうのが生まれた日と死ぬ日以外、人間に与えられた時間は皆、平等。
だからこそ自分はその日、一日を絶対に後悔して過ごしたくない。

わがままかもしれないが今日一日を楽しく過ごしたい。

あのとき辛かったよなーとふりかえる人生より

俺の人生、なんやかんやで楽しいこどだらけだったな、で終わりたい。

そしていくつになっても夢を持ち続けていたい。

自分は非常に欲深い人間。

小さな夢から大きな夢までたくさんある。

思いついただけでも、

高級外車をたくさん買う

40代でブ●●オフと肩を並べるリアル店舗を持つ

最上階に大好きな露天風呂があるような一軒家に住む

世界最長寿記録を塗り替えるほどの長生き

一生仕事は現役。リタイヤは無し。ただ老後は労働収入ではなく権利収入のみで

笑っていいとものテレフォンショッキングに出てYUIさんを紹介する(妄想)

・・・我ながら、くだらない夢だなーーーと思う。

でもそんなくだらないことでも夢があるから自分は、楽しく生きていけると思う。

昨年もなかんやで100点満点として、楽しいこと99としたら辛いことなんて1もなかったような
気もする。仕入れも梱包も出品もせどりも昔経験した仕事に比べればこんな楽なことで生活してよいのか?!
というレベル。

唯一辛いといえば、あいもかわらず金銭的余裕がなく毎月毎月支払いに追われる日々。ここだけは成長していない(汗)

今楽しいのは、やはり人との出会い。

恥ずかしながら自分はいいおっさんなのに一人でラーメン屋にも行けない。

そんな自分なので話し相手がいるだけで心やすらぐ。

・・・とただのさびしがり屋ということを暴露してみる。

結局何が書きたかったのだろう。自分でもよくわからない。無駄な記事かもしれないし、
自分は都合のよい性格なのでこんなこと書いてることすら明日には忘れているかもしれない。

でも人生において、最も無駄だ、と思われることに全力を注ぐのが自分は好きだ、
ということを今思い出したので、この記事を書いたことは間違いではない、ということを
確信したのでした。

明日からは笑顔でブログ更新しよう。









車内のBGMはここのところ、ずっとPerfumeのJPNです。発売されて一ヶ月以上たつのに、いまだに飽きずに聴いています。
前作のトライアングルは正直あまり聴かなかったような気がします。その前のGAMEは楽曲のあまりの衝撃をうけPerfumeに、はまるキッカケでもあったので何十回も繰り返し聞いた気もしますが、さすがにこんなに長く一つのアルバムをくりかえし聴くとは思わなかったです。
といいますのもこのアルバムの発売前の自分の評価は、ファンなのでとりあえず買うくらいの気持ちでしかなかったからです。久々のアルバムということもあり収録楽曲はこの数年で発売されたシングル曲が大半を占めていたため、さんざんPerfumeのシングルを聞いていた自分としてはいまさら的な感がありました。
本音をいえば初回特典のDVDを観たいがために購入したようなものでした。

そして初めて聞いたのが冬道を走る車内にて。
オープニングからヒット曲のレーザービームへの流れ。悪くないとは思いつつも雪道を走っていると、聞き慣れたレーザービーム、にしても雪道のせいか、音飛びが・・というか音がぶっ壊れてる?!というか、これはもしかして・・・?!
半信半疑のままGLITTERへの流れ、あぁ中田氏は期待を裏切らなかったというか騙されたというか思いこみはよくないというか・・・最後のスパイスなんてシングルで散々聞いたはずなのに、曲がはじまるのが待ち遠しくてしかたない。あらためてアルバムの素晴らしさを再確認。

そして、まだ数ヶ月先のLIVEが待ち遠しくてしかたない日々なのでした。




自分は、過去の話を振り返るのはあまり好きではない。
大事なのはいま一瞬であり、先であり今後である。
過去の思い出を語るのは年老いてからいくらでも振り返れる。

と思って生きてきております。

でも、今日はふりかえらずにはいられません。

http://fc249.blog39.fc2.com/blog-entry-643.html#comment

一度だけお目にかかったのが2010年冬のオフ会。

最初のテーブルが同じだったこともあり、お話する機会がありました。

せどりのスタイルのお話から売り上げからみる純利益のお話など興味深い話しを
お聞きしました。

楽しそうに話す姿。

あのときの光景はいまでも忘れません。

あのときはありがとうございました。


ご冥福をお祈りいたします。










2012年あけましておめでとうございます。
AKB48はついにさしこが初のソロ写真集を出すということで話題ですが、
その裏でとうとうというか、いよいよというか、ようやく
SKE48からもおそらく初であろうソロ写真集が出ることになりました。

し、しかも出すのは松井玲奈。



今年はAKBグループメンバーそれぞれソロでの活躍がさらに増大する予感です・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。