人気ブログランキングに参加してます! 子育てしながらインターネットを通じて販売するリサイクル業を営んでおります。

札幌市内在住ななぱぱの子育て&ヤフオク&マケプレ&趣味の日記です。 札幌市内でしたら無料出張買取いたします。詳細はこちらのブログにて・・・! 買取に関する話&音楽&本&その他の記事、不定期更新してます。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先週末は運動会、初の小学校運動会ということで興奮しながら観戦しておりましたが、娘が全力で運動する姿に感動しました。ちなみに短距離走ではさすが父親の遺伝子を受け継いでいるだけあり、抜群のスタートダッシュでかけぬけたものの・・・ ・・・・来年に期待!

さて、今週も仕事に頑張って励んでおりますが、やはり商売柄アイドルグッズをメインで買い取り、販売しているナナブックにとっていやがおうでも注目してしまう、第4回AKB48総選挙。
(ちなみに参議院衆議院総選挙も必ず見ておりますと言ってみます笑)

投票は本日に締め切られました。

開票は明日、今年はフジテレビがゴールデンタイムで生中継するということで昨年以上の盛り上がりは必至となります。

いやー楽しみですね~~~

と言っていたらとある人に

「いやメンバー多すぎて誰が誰だかわからないうえに何を楽しんでみればいいのだろうか」

といわれたので、せっかくなのでAKB48のメンバーのことがよくわからないという友人にも少しでも楽しめるようにAKB48総選挙をサーっと解説いたします。

そもそもこの総選挙とはなぜ行われるのであろうか。

AKB48だけでも現在正規メンバーは80人を超える大人数(現在チームA,K.B.4の4つのチームに分かれてメンバーは所属)
であるが、その大人数(SKE,NMBなど姉妹グループを入れるとその数は200名を超える)
の中での歌を歌う際のセンターポジション、いわゆるセンターをはじめ選抜メンバーの決定には秋元氏らプロデュースする側の意向(?)により決おこなわれてきたといわれている。

それに対してファンたちの不満から、プロデュースする側ではなくAKBを応援するファンたちの投票により選抜メンバー、そしてセンターの座を決めようという画期的な企画でした、AKB48が次回リリースするシングルCD限定ですがファンの人気投票により選抜を決めようというわけです。

こうしてはじまった総選挙の2009年、
このときは、AKB48の顔、前田敦子が貫禄の1位で2位の大島優子に1000票以上の大差で勝利した。

ちなみに第1回(2009年)の1位前田への得票数は4630票。

今とは違いこの総選挙のイベントはマスコミで大々的に報道することもなく
静かなイベントであったーーー

その翌年、2010年AKB48第2回総選挙の開催が決定するや前年2009年とはうってかわり
この年、AKB48の世間的認知度が上昇したことによりメディアでの力の入れ方も前年とはうってかわる。
後日談ですが、この総選挙の投票券が通常盤に封入されていたCD、ポニーテールとシュシュは、この年年末の紅白効果か、翌年1月のチャートでトップ10内に返り咲くというこのCD不況の時代にとてつもないロングセラー曲となりました。

さて、この第2回、某有名スポーツ紙では2ヶ月間近くにわたり芸能面においてAKB48総選挙の特集を連載し、前年よりはるかに盛り上がりを見せ、むかえた総選挙当日では
AKB48総選挙史上最大のサプライズがありました。

第一回の王者であり、現時点でのAKB48の絶対センター、さらに今回の第2回選挙でも速報、中間発表ともに1位のポジションをキープしてきた前田敦子が第二回総選挙最終結果でまさかの2位、見事にセンターを射止めたのは大島優子、この衝撃結果は翌日のワイドショーでは番組によっては大々的に取り上げられました。

ちなみにこのときの大島、前田の得票数はそれぞれ3万票超え、前年からは比べ物にならないくらいに得票数が増えました。そしてその大島、念願のセンターソングがAKB48リクエストアワーセットリストベスト100で現在2年連続(2010&2011)でナンバー1の曲、ヘビーローテーションでした。ファンではなくてもこの歌を知らない人はあまりいないでしょう。

そして翌年2011年おおかたの予想通りこの年も総選挙が開催されました。
前年より更なる盛り上がりをみせ、開票速報は当時AKB48メンバーがレギュラー出演していたテレビ番組で随時放送さました。開票結果後、東京では号外が配られた(未確認情報)という話もあり、また翌日からのワイドショーの総選挙の取り上げる割合が前年よりさらに大きくなり非常に注目度の大きい選挙でした。

そしてこの選挙結果ですが選挙速報1位でV2濃厚だった大島でしたが最終結果は前田が1位返り咲き、
AKB48絶対センターの底力を見せつめた総選挙結果でした。

それよりなにより驚くべきがこのときの1位得票数が前田ひとりで13万票以上です。


AKB48総選挙の投票方法とは複数の該当するサイトの会員になるなどして複数投票可能ですがそのなかでも最もポピュラーなのが総選挙開催近くになると発売されるシングルCDの期間限定封入特典である投票券で投票する方法です。一人あたりの投票数に制限は特にないので
順位を一つでもあげたい推しメン(大好きなメンバー)がいるファンは、投票券欲しさに同じCDを何枚も買ったり投票券自体をオークションなどで大量に買って投票することがあると思われます。
しかしながら第一回のときならいざ知らず2011年では一位得票数のみならず2位大島も12万票、メディア選抜ぎりぎりの12位でもこのときは3万票を超えています。

CD1枚1600円として、3万枚で4800万円、テレビに頻繁に映れて4800万なら資産家のファンなら安いものだと投票するかもーーー

また念願のセンター昨年実績で13万票なら2億円超えで購入可能、もし圏外のメンバーを推してる超セレブが2億円分投票して選抜に入ったらいろんな意味でニュースになりそうですね(汗)

というより13万票、投票するって何年かかるんじゃー(汗)
バイトが必要ですね(汗)

まあ妄想はさておき、

昨年のトップが13万票です。

上記をふまえ

☆2012 第4回総選挙のみどころ☆

まずはこんな長文をここまで読んでくれる心優しいお方ならば存じ上げてるとは思いますが、

今回の総選挙大本命の前田敦子がAKB48今夏卒業に伴い、今回の総選挙辞退を発表しました。

それにより今回の第4回総選挙は、大混戦の模様になるか、といいたいところですが、
断言します。1位は大島優子で決まりです。

まず昨年の総選挙結果ですが全体得票数は100万票以上となりました。
その中で前田13万票、大島12万票とトップ2で全体得意票数の20パーセントを超えています。

そのときの3位が今回のセンター候補の一人でもある柏木で、前回は約7万票の得票を獲得しました。

今回の見所の一つが前回の前田の獲得した約13万票がどう流れるのか、ということですが、

あたりまえかもしれませんが自分は分散すると思います(笑)
投票しなかったり、新たな推しに投票したり・・・

となると大島1位は超磐石です。さらに現在バラエティ番組のみならずゴールデン時間帯の連ドラに出演機会も増えお茶の間での認知度も高い大島ですので今回の1位の番くるわせは起きないと思います。
なんといっても第2回総選挙であの前田を破り唯一(実力で?)センターの座を射止めた力は伊達ではないと思います。

となると今回の総選挙の楽しみは2位狙いなのですがここからは本当に読めないので
個人的に楽しみですーーー

前回3位の柏木(7万票)が現時点では2位の有力候補ですが篠田、渡辺、小嶋、板野、高橋までチャンスはあると思います。

本音をいえば松井玲奈、指原にもベスト3を入ってほしいですが、上記6人はAKB48を背負ってきている実績のあるメンバーですのでこの2位~9位までは本当に読めないですーーー
ただこのベスト9は上記9人でほぼ間違いない気もしますーーー


~以上AKB48総選挙の楽しみ方~

「おまけ」

個人的な楽しみです。

★速報でまさかの好発進、珠理奈の影に隠れていた栄の最終兵器、向田茉夏がまさかのアンダーガールズか?!

★AKB48のベストセラー作家、仲谷明香が過去40位以内の選抜に一度も入ったことがないのに今回の速報で36位!!
声優選抜によるユニットNO NAMEによるCDデビューも決まり今年の総選挙順位大幅アップの予感、ちなみに中学時代は同級生に前田敦子がいた。

★とにかく多い下の名前が「はるか」その中でも大注目が島崎遥香(ぱるる)。もし最終順位が16位(メディア
選抜)だった場合、これからのAKB48センターはぱるるで決まりです(妄想です)

★前回圏外から昨年19位で見事選抜入りして衝撃をあたえた横山由依が今年、メディア選抜入り(16位以内)
で昨年のあのスピーチの衝撃再び??!!

★AKBガチファンの楽天・田中投手が松井玲奈3位を予想したことで田中投手は彼女に何万枚投票したのかが話題に(信じないでください笑。しかし彼の昨年、今年の総選挙順位予想はガチファンの証、さすが嫁がアイドル)

★明日の笑っていいとものテレフォンショッキングのゲストが前田敦子というわけで総選挙番宣から明日の会場アンケートは「今日武道館にいく人~?」で決まり?







スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。