直木賞とせどり

ここでは、「直木賞とせどり」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第140回直木賞候補作が発表されました~。
芥川賞候補作も発表されたのですが「山崎ナオコーラ」さんしか私は存じてないので今回は割愛いたします・・・というか今回直木賞候補の6人に入ってましたよ・・・恩田陸さんが・・・!

恩田さんのミステリー小説はどちらかというと苦手だったのですがあのミステリーとは無縁の名作「夜のピクニック」を読んだときは、本を読むことは楽しい~と思いながら読んだのを覚えてます。この人は将来、直木賞作家、間違いないと思ったものでした。
案の定2005,2006年と直木賞候補になり、今回3度目の正直か~?のノミネートです。

直木賞といえば、あの名作家、東野圭吾の代表作「秘密」、「白夜行」、「手紙」と涙なしでは見れない3作が直木賞候補になるも賞は取れなかった話や(ちなみに6回目のノミネート作容疑者Xの献身で直木賞受賞)、さらには当時話題となった第128回、その時の候補作の一つ横山秀夫の「半落ち」は週刊文春ミステリ&このミステリーがすごいのWで1位を獲得しており期待は高かったが結局該当作無し、さらには審査員の中でこの小説の内容に俗にいう「半落ち騒動」が起き(詳しくは、横山秀夫 ウィキペディア参照)、結局これを機に横山さんは直木賞と訣別することに・・・あげくの果てには審査員の一人が「今回の候補作は全体的に小粒」と酷評したのですが第128回のその他の候補作家の「石田衣良」「奥田英朗」「角田光代」「京極夏彦」「松井今朝子」の全員がのちに直木賞作家となり実はもの凄くハイレベルな争いだったのでは・・・?と素人ながらに思ってしまうこともありました。
また超売れっ子作家「伊坂幸太郎」は2003年の「重力ピエロ」で直木賞候補になりながらそこから4年連続で直木賞候補作品を生みながらも結局受賞できないのはやはり若手だからか?などと考えていたらゴールデンスランバーでついに直木賞~と思いきや本人が、直木賞候補自体を辞退(汗)

このように直木賞は、この作品どうのこうの・・・というよりその作家の実績が考慮されることを考えると
恩田さん!実績もあるし今回はチャンスかも~です。
・・・と思ったら強力な実績を持つ方もおられましたよ~。
名作「永遠の仔」「家族狩り」を生み出した大御所「天童荒太」はやはり直木賞最有力候補の一人でしょう。
また「山本兼一」も今回直木賞候補3度目の候補とおなじみの顔です。あなどれません。
上記3名の激戦と私は予想します。
そのほかの「道尾秀介」「北重人」「葉室麟」はキャリアが上の3人より浅いので・・・といいたいですが勢い的には最もあると思われます・・・
というわけで誰が受賞するのか結局わからんのですが(汗)
以下6名の候補作品です。ブックオフ105円コーナーに間違って置いてあったら泣きますネ。







さて随分長い前フリでしたが・・・
もう皆さんご存知ですよね?直木賞&芥川賞作品が発表された翌日から起きる出来事が・・・
ちなみに昨年1月の直木賞作家となった桜庭一樹さんの受賞作サイン本は5000~1万円にハネ上がりました~。
私は明日から恩田陸初版本を単Cで仕入れツアーしようと思ってます。
皆さんあと一週間頑張りましょう~。

(注意・・・本気にしないでください&自分は恩田陸本命です)

クリックお願いいたします。人気ブログランキングです。

コメント
この記事へのコメント
直木賞は審査員の選評が古いとかずれているとかって最近はよく言われていますよね。受賞作も、前の候補作の方が世間的には評判が良かったのに、なんてこともある気がします。いずれにしても、候補作とその作家はせどり的には要チェックですよね。
「全体的に小粒」な人が全員受賞したというのは初めて知りました、面白かったです。
 自分も今回は恩田さんが本命です、一番好きなのは道尾さんですけど、今回受賞するのは難しい気がします。。。
2009/01/07(水) 22:34 | URL | sedorianalyst #0EjQUAK2[ 編集]
あくまで個人的見解ですが直木賞受賞作家の作品を見ると、この作品で受賞するなら、もっと前に取ってもいいだろう~という作品があることが多いので、やはり「作家の実績」が選考に少なからず影響を与えてると勝手に自分は想像してます~。

せどり的には道尾さんが受賞するのが一番デカイ気がします。今現在ですらアマゾン在庫切れなのでもし直木賞受賞した日には・・・ワクワク
2009/01/07(水) 23:01 | URL | ななぱぱ #-[ 編集]
訪問させて頂きました。

又、うかがわせて、頂きます!


ぽちっとオン!
2009/01/08(木) 12:29 | URL | 羆野文章 #-[ 編集]
ご訪問いただき感謝です~。
今後も宜しくお願いいたします。
2009/01/08(木) 17:40 | URL | ななぱぱ #-[ 編集]
恩田陸の文庫を去年の夏ころ150冊ほど処分してしましました(泣)
もうネタは少ない。。今から探してみますです。。

直木賞とせどりのつながりはお勉強になりましたです。。
こちらのジャンルはまったく読まないので知識はかなり薄いです。。
でも作家の名前は物覚えが悪い自分でもかなりインプットしてますね。。
いわゆる職業病というやつでしてです(笑)
2009/01/08(木) 18:45 | URL | ミスターヨゴレマン #-[ 編集]
恩田さんの昔の本は値のつかない本が多いですからね~。
受賞したとしても、やはり値がつくのは、著者のサイン本や受賞作品の初版本がメインですので、昔のベストセラーは厳しいかもしれないです・・・でも何があるかわからないのがオークションの醍醐味でもあるので、集めておくのも面白いところですよね~。
2009/01/08(木) 23:20 | URL | ななぱぱ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fc249.blog39.fc2.com/tb.php/295-3ff9e824
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。