仕入れは趣味と実益を兼ねる

ここでは、「仕入れは趣味と実益を兼ねる」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今シーズンは雪が少なく感じる気のする北海道札幌市ですが、テレビのニュースによると今週末は日本海側を中心に天候が荒れるという予報ですので、今日は朝一番で市内のブックオフ一軒だけ行ってあとは家に閉じこもることにしました。

土曜ですが朝から人もまばら、セールも本が10%OFFセールのみのセールだったからでしょうか。とりあえず最近は文芸本、一般書籍コーナーのブックオフでいうプロパー本をまずはチェック。
最近、妻に東野圭吾さんの「流星の絆」が欲しいとせがまれてるのでそれを探すのと(ジャニーズ好きの妻は昨年のドラマの錦戸君&二宮君見たさにドラマ観てハマッタそうです・・・)
そして個人的に自分の欲しい乾くるみさんの「カラット探偵事務所の事件簿1」、恩田陸さんの直木賞候補作「きのうの世界」などを探しています(これでは、完全にせどりというより、個人的趣味=単なる買い物でブックオフに来てますね・・・)

そこで昨年から気になっていた桐野夏生さんの「東京島」を発見。過去何度かブックオフで見かけましたがその時より値段が100円くらい安い&10%OFFセールなので購入決定、もう1年近く前の発行本なので期待してないですがベストセラー作家桐野さんいしては珍しくアマゾンマケプレ価格もそこそこ維持してます。今ならすぐ読んで出品すれば100円くらい利益でそうです(笑)

桐野さんの作品は今から4,5年前に「グロテスク」という長編作品を見て以来ファンになった作家です。
この作品を読んでた頃は桐野さんが女性とは知りませんでした。(汗)
グロテスクの面白さに桐野作品に目覚めた自分は、過去作品を読み漁りました~。
初期作品の「顔に降りかかる雨」からのミロシリーズあたりは一応謎解き要素がありつつもサクサク気軽に読める小説でしたが、名作「OUT」で衝撃を受け、「柔らかな頬」は読み終わったあともず~っと何かを感じずにはいられない忘れられない一作でした。この柔らかな頬はまさに取るべくして取った直木賞作品だと思います。(最近直木賞ネタ多いですね・・・汗)

話が脱線しましたが「東京島」をカゴに入れ、単行本105円コーナーにて本の仕入れ開始です。
40分ほど頑張りましたがお腹が空いたので15冊ほどの購入でやめ、その後シングルコーナーで105円マキシを5枚買って会計。
週末なので1000円ごとのクジ引きを2回ひけました~。
うまい棒&50円割引券1枚でした~。
娘の大好きなチーズ味を貰って帰宅。

マケプレ出品&発送作業を終え、これから今日買った本を読んで週末は読書漬けの予定です~。

クリックお願いいたします。人気ブログランキングです。
コメント
この記事へのコメント
こんにちは~今日明日もお仕事のりきちゃんです

本ネタが充実していますね
桐野夏生さんの[OUT]は強く印象に残っています
確か田中美佐子さん主演でドラマ化もされましたね
才能を感じる作家の一人です
今は売れっ子になった[東野圭吾]さんも同じように強烈な印象の作品を残していて才能を感じる作家です
ひとつハマル作品に出会うとその作家を読み漁るというのはりきちゃんも経験があります
一時期、馳星周さんにはまった時期がありました

ナナブックさんのブログを読んでいて。。そうか、Amazonは本が本業なのだったとあらためて再認識したところです

2009/01/11(日) 08:51 | URL | りきちゃん #X5XodAgg[ 編集]
今週末は妻と娘が実家に遊びに行ってまして、久々の一人生活を利用してここ数日、夜はず~っと読書をしていたせいかブログ内容も思いっきり趣味の話に傾いてきてます(汗)

OUTはテレビでは見たことないんですがあの小説の衝撃な解体シーン(?)をどう表現するのかが気になります~。
ひとたび気になる小説家の作品を読んでしまうとどうしても過去作品が読みたくなりますね~。
そんなときのアマゾンサイトの「この本を買った方はこの商品も~」というあの商法は最初見たとき感動しましたね・・・消費者心理を上手く突いてると感心しました。
確かにアマゾンも気がつけば靴やら時計を扱い、さらには食品ストアとどんどん多様化してネット本屋=アマゾンと思ってた10年近く前とは変化してきましたね~。

2009/01/11(日) 11:28 | URL | ななぱぱ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fc249.blog39.fc2.com/tb.php/297-dd13fc9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。