冊子は本当にメール便が一番安いのか?

ここでは、「冊子は本当にメール便が一番安いのか?」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
全くニュースになってませんが、個人的実感では新型インフル猛威現在個人的一番恐ろしい状況だと思います~。うちの近所の小中学校も秋頃から軒並み学級閉鎖、休校が珍しくなくなりましたが、とうとうわが娘の通う保育園も休園に。当然、保育園に子供を通わす親は仕事を持ってるわけで生活に与える影響度はそうとう高いです。個人的にも今週は仕入れ、買取をほぼあきらめる状況で、非常に痛いです~(涙目)どうにかならんか新型インフル!!とりあえず一日10回近く手を洗ってます・・・

というわけで話変わって雑誌の送料のお話です~。基本的に厚さ2cm以内、重さ1㌔以内の商品はうちではクロネコメール便で送付しております。(基本料金80~240円の3段階料金、詳細はヤマト運輸HP参照)
しかしながら最近の厚めの週刊漫画誌(ジャンプ、マガジンなど)は時として3cmオーバークラスのボリュームも珍しくなく、そういう規定外の御品は基本的に郵便局のゆうメール発送(500g~1㌔で送料340円。着払い+20円)をしておりますが、やはりクロネコメール便ですと、一般的に160円もあればだいたいの冊子は発送可能なわけで、どうにかして1㌔以内の厚さ3cmクラスの雑誌を送れないかと日々悩みながら生きておりましたが(笑)
色々アイディアは浮かぶもののまあ、正直送料は落札者様ご負担なのでそんなに深く考えてなかったのですが、最近いまさら気がついてしまいました!!正直何年もヤフオクで雑誌を出品していてなんで気が付かないんだ~?!と誰かからツッコミが入りそうですが、そうです!!そのアイデアとは・・・

091110_0842~01[1]


そうです、一冊の本を開きっぱなしにして送付です!これなら厚さ4cmの本まで対応可能です!!

・・・冗談です。ことわりなくこの状態で本が送られてくればクレーム必至でしょうし、商品説明文に「本開きっぱなし状態の発送でよろしければメール便可能」と書く勇気はないです・・・
さて、特に大口契約や法人契約などを結ばなくとも、オークションをやってる方なら誰でも利用でき・・・というか一般的冊子発送する方ならほぼ可能、かつ一冊160円そこそこと、クロネコメール便並みの送料で3cm以上厚みのある(ジャンプ、マガジンクラス)の冊子を気軽に送れる方法はあるのでしょうか。


あるんです!!!

それは・・・

郵便局の第三種郵便です~。 なんだ~!、知ってるよ~とか,いわない、で! (by姫ちゃん)

第三種郵便、意外とその素晴らしいスペックを利用してない方は多いのではないでしょうか?(すみません自分もまず使いません)

基本料金は一般的な第3種郵便認可物で50gまで60円、その後、+50グラムごとに料金+8円という非常に細かい設定です。

たとえばうちにある週刊ジャンプ一冊を例にしますと、600グラムなので送料148円となります。50グラムで8円の差額なので厚さ4cmだろうが5cmだろうがこの重量ならばクロネコメール便並みの送料で発送可能なのです~。(重量上限1㌔)

そして個人的に一番力を発揮(?)すると思うのが薄くて軽い雑誌や新聞の切り抜きです。特に新聞の切り抜き発送する際はつながってる4P分丸々で30グラムほどの重さなので梱包しだいでは50グラム以内の発送可能で、そのときの料金は驚愕の「60円」です。クロネコメール便正規料金はどんなに安くても(特殊契約除く)80円なのでこの安さは特筆でしょう。

どうです?これは安い~~でも先述したように自分はまず使いません(笑)

その理由とは・・・

1,「第3種郵便物認可」と記載されている箇所が見えるように梱包しなければならない・・・というわけでプチプチ梱包や紙に包んでのガッチリ梱包に適さない

2,持ち込みのため手間がかかる(クロネコメール便は集荷OK)

3,あまりこの送付方法に詳しくない局員だと説明面倒(笑)

4,追跡番号無し。荷物が行方不明になると捜索難航

上記からどうしても簡易梱包になりがちなのでマケプレには適さないかもですね・・・
しかしながらクリスタルパックにポンと入れてしまえば(ある程度中身わからないように発送するには、封筒の一部に穴を開けて第三種郵便と確認できればよいらしいです、面倒ですが)
そのまま発送可能ですのでヤフオクで送料無料などで雑誌等を出品されている方には、かなり心強い発送方法ではないでしょうか。

また実はこの送付以外にも格安送付方法は複数存在するのですが・・・
それはご自身でお調べください。
またもっといい方法あればどんどん教えてください(笑)

それでも自分はクロネコメール便が中心の発送方法ですが・・・

なぜって?

うちに来る集荷ドライバーがとても良い方で大好きだから、信頼して安心して荷物を任せられるからです。
クリックお願いいたします。人気ブログランキングです。

コメント
この記事へのコメント
はじめまして。いつもはROMばかりです。(^_^;汗 

第三種の発行部数を調べましたら1回の発行で500部以上だそうですね。

毎日、サイズ違いを500冊も発送するのは会報でないとばれてムリかも?
2009/11/11(水) 02:15 | URL | みね #eYj5zAx6[ 編集]
読んでいただいたうえ、コメントまでありがとうございます~。

500冊発送というのは初耳です、

自分の記憶では第三種郵便物認可を受けた冊子であれば一冊のみでも発送は可能だった気がするんですが・・・
ばれてムリというか、第三種の文字が見えてばれないと発送は不可だった気がします。あと記事中に注記し忘れましたが、冊子の一部(切り抜き等)は不可だったようです(汗)
もしかして差出基準が変わったかも知れないので知恵袋で調べてみます~。
コメント感謝します、今後も宜しくお願いします。
2009/11/11(水) 07:28 | URL | ななぱぱ #-[ 編集]
ウチはスーパー源氏に加入してゆうメールをこの方法にしてもらってたような・・・v-22
2009/11/11(水) 09:02 | URL | エム #-[ 編集]
コメントいただき感謝です!

郵便局HPの第三種郵便に関する記述を再度確認しましたが、

http://www.post.japanpost.jp/service/standard/three_four/tebiki.pdf

「差出人は、発行人、売りさばき人以外でも可」という記述があり、最低差出数に決まりがあるとの記述は確認できなかったので誰でも一冊から発送OKだと解釈してるんですが・・・

自信がなくなってきたので後日自分で実践ということでこの件は宿題にしときます&どなたか第三種郵便を発送してる方、正解教えて~♪とお願いします~。

2009/11/11(水) 16:05 | URL | ななぱぱ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fc249.blog39.fc2.com/tb.php/439-0f03dbed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。