面倒くさがりやでも楽しみながらヤフオクで無料出品する

ここでは、「面倒くさがりやでも楽しみながらヤフオクで無料出品する」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
知っておられる方は知っておられると思いますが、自分はものすごくパソコンに関して疎いというか苦手です。
本日もAmazon用の出品支援および価格改定ソフトのインストール&価格改定作業だけで昼に開始して作業終了したときは外は真っ暗でした(笑)手動での価格改定のほうが早いかも・・・
しかしながら色々価格改定ソフト(すべてフリーや試用期間のみの使用しかしたことないですが)を試してみましたが今回のは、かなりかゆいところに手が届く設定が可能なので有料ソフトではありますがいまのところよい感触です。
まだ使用初日ですので使い勝手がよかったら後日またレポートしたいと思います。

さて、Amazonの楽さとは裏腹に色々大変なヤフーオークションではありますが、自分はなんやかんやでヤフオクメインで頑張ってます。
ヤフオクはアマゾンに比べて大変な作業も多いですがアマゾンにはないメリットももちろんたくさんあります。

1,アマゾンはカタログにない商品は売れないですが(一部例外あり)、ヤフオクは、古雑誌はもちろん、牛乳びんの蓋だろうが、石ころ一個だろうが何でも売れます(禁止出品物以外)

2,即金です

3,時として思わぬ値段まで競りあがることもあります

4,アクセス、ウォッチリストが表示されるので商品の注目度がある程度つかめます(ただし一万以上の異様なアクセスでウォッチ一桁は海外向け出品代行業者のソフト操作の可能性あり。これは自分の妄想かも・・・)

5,手数料の安さ(アマゾンと比べて・・・という意味です)

自分の思い当たるメリットは上記5つくらいです。
自分は単価が安い商品が多いので正直、一点あたりの出品料の約10.5円は払いたくないです。
しかしながらヤフーオークションの無料出品デーは滅多にないのでその時期まで待つというのも商売である以上、厳しいです。そこで、

いま現在ヤフオクでは携帯電話による無料出品デーを開催してるので自分はコツコツ出してます。
・・・とはいえ大口事業者(一日数百点出すような)には携帯出品は向かないです。
理由は、携帯出品の特性上どうしても時間がかかるので大量出品ができないのに加え、PCに比べ作業が面倒なのです。
普通の古物商であれば携帯出品はしないでしょう、しかし自分は普通の古物商ではなかった(笑)

さらに自分は究極の面倒くさがりやです、携帯ボタンを集中して出品できるのは2点くらいが限界です。
そこで色々あみだし完成形にしたのが以下の携帯出品です。ほとんどギャグに近い内容なので期待しないで見てください。

~~~面倒くさがりやの人が携帯電話で無料で一日数十点出品する方法~~

(注)自分の携帯は2009年製のauを使用してますのでその他の機種では下記の説明どおりにならない可能性もあります。(ちなみにauはアダルト出品不可なのでアダルト出品メインの人は確かドコモが対応化だったと思います)

(注)パケ料金かかるので定額制じゃない方には向きません

「出品前の下準備」画像と商品説明のテンプレート等はあらかじめ用意してパソコン内部に保存しておきます。
出品商品の開始価格はあらかじめ決めて紙か何かにメモしておきます。ちなみに自分の場合はIDごとにほぼ固定価格なので値段は一定です。

「出品商品を用意」ここのポイントが重要で、商品は同一カテゴリで出せる商品のみですべて固めます、例「雑誌 週刊マガジン」、「びっくりマンシール ヘッドのみ」「服 ヴィトン」
携帯出品のカテゴリ選択は非常~に面倒なので、なるべくカテゴリ同一のみで固めて出すことをお奨めします。
理想系は同じ雑誌タイトル数十冊~数百冊です。

そして作業時間も大事です。自分が一番多いのが、夜、食事も終わり晩酌後から寝るまでのテレビタイムの2時間ほどです。つまり感覚的にはボ~ッとテレビを見てる時間なのです。極力集中しなくてもよいやり方で携帯出品をするためテレビを見ながらでも出品は可能となるのです。

~~出品編~~

携帯からヤフオクにログインして、「売る」ボタンを押します。

その後「2」ボタン(出品する)を押します。

(その下に「かんたん出品」といかにも簡単そうな文字が表示されてますが、個人的には使えないシステムでしたのでお奨めはできませんが、細かいことを気にしない人ならアリかもです・・・)

まずは、出品するカテゴリ選択です。最初は面倒ですが、上記同一カテゴリで固めて出品した場合、選択は最初のみで2点目からは「履歴」で選択できるので2点目以降は楽です。

カテゴリを選択すると頭に「ご注意」と書かれたページに飛びますのですかさず「1」ボタンを押します。
(携帯はこの数字ボタンをすかさず押す行為が非常に時間短縮につながります・・・ちょっと大げさですね)

すると「商品情報を入力する」画面に移りますので
まずはタイトルを30文字以内に入力します。

ここでたとえば週刊少年マガジンを複数出品する予定ですと「週刊少年マガジン 年 号」というようにほぼ確実にタイトルに入る文字を「コピー」しておけば2点目以降は貼り付けしていくだけで非常に楽にタイトルをつけれます。
また「ボ~~ッ」としながら出品するのが鉄則(笑)ですので、どうしても入れたいキーワードはあらかじめ写真撮影時の下準備のときに該当ページに白い紙などでしおりにしておくと便利です。

そしてその次の説明欄は空白だとエラーになるので、適当に文字を入れます。自分は携帯からすぐ呼び出せる「・」を入れてますがあとから説明文を更新することを考えると「更新まで少々お待ちください」などと入れると親切かもしれないですね。

そしてその次は出品価格を決めます。
その後、出品日数、振込み方法等細かい設定を入力します。
(慣れると体が勝手に反応します・・・
笑)

このページの最後の入力が再出品回数選択の項なので、この窓で回数選択(自分は基本3回)をした後に「3」ボタンを押して「入力内容の確認」ページの下にある「出品する」を押して
まずは出品一点終了です。

テレビ見ながらボーッとしてても数時間で20~30点くらいは楽に出せるので本気を出せば出品一日100以上も夢ではないと思います(ただパソコン画面から後に画像、説明文の更新しなくてはならないので、手間を考えると大量出品には向きません。

注意としては、うっかり画像、説明文等更新し忘れると、質問や入札、はたまた違反申告などが入ったりしますので理想はなるべく迅速に編集画面からの更新が大事です(自分もよくうっかり忘れます・・・汗)

また何度も書きますが、携帯出品はどうしてもPC出品に比べ手間と時間がかかりますので、あくまでおまけ的に使うことにしたほうがよいと思います(おすすめは、単価の安い品や、同じ雑誌のタイトルを多数出すときetc)

しかしながら携帯電話出品で出品手数料を月間、万単位で
節約することは(理論上は)可能なのでコスト重視の方にはおすすめです。
(あくまでも時間的コストは別ですが・・・汗)

大雑把であまり役には立たないですが、テレビやDVD見ながらでも楽に出品できますので携帯出品、ぜひともご検討ください。(何度も書きますがパソコン無料出品が最強ですので携帯出品はあくまで出品のサブ的要素でお楽しみください)

超注意事項としては、あまりにもテレビの内容が面白すぎると、テレビに集中しすぎて、まったく携帯をいじる手が動いてないことがありますので番組選びは慎重に(笑)










コメント
この記事へのコメント
はじめてコメントさせて頂きます^^
いつも勉強させて頂いてます。
携帯出品、私も全く同じことをしていて、読んでて思わず「そうそう!!」と楽しくなりました(´∀`*)
2010/05/25(火) 15:38 | URL | いわ #-[ 編集]
こんばんわ
大変参考になりました。携帯の数字ボタンを押すのがコツですね。
 自分は「ボ~ッ」としている勤務時間中に大量出品したいのですが、会社のネットポリスがうるさいので携帯出品は魅力的です。
 ただし、手元に在庫がない状態での出品のため、もう少し下準備してから出勤しなければなりませんね。いつもありがとうございます♪
2010/05/25(火) 22:40 | URL | ビッグパパ #-[ 編集]
はじめまして。
喜んでいただき嬉しいです~。
PCに比べてあまりにも携帯出品が面倒なので、効率はよくないのですが、やはり出品料無料には勝てず、暇さえあれば携帯から出してしまいます。
なんやかんやで携帯出品は重宝していますね~。
2010/05/25(火) 22:45 | URL | ななぱぱ #-[ 編集]
こんばんは。
携帯電話出品は、まさにビッグパパさんのような環境にピッタリかもしれないです~。
手元に在庫が無くても、あらかじめタイトルと商品価格だけ数十点分メモした紙を会社に持っていけば大丈夫だと思います~。出品後は、仕事終わったあと自宅に帰って説明文を急いで更新してください~。
2010/05/25(火) 22:50 | URL | ななぱぱ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fc249.blog39.fc2.com/tb.php/541-2740fdc7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。