在庫切れ商品の価格設定は悩みます???

ここでは、「在庫切れ商品の価格設定は悩みます???」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はアマゾンマーケットプレイスにおいて非常に価格改定について考えさせられたことのあった一日でした。
朝起きると、メールが来ていました。
ナナブックの出品している古書について、購入を希望しているのですが、現在のお値段では高額なので希望金額○○円でしたら、購入したいという旨のメールでした。

本来このような要望メールはお断りするのですが、今回は快く受けました。

理由は、購入ご希望者様のメールが非常に丁寧かつ良識ある御方と思われる心地よい文面であったことと、その商品の出品価格を見ると一応最安値にあわせていますが5万円近い出品価格でしたので、さすがに改めてみると少々高額な気もしました。そしてご提示いただいた金額は、オークションサイトの過去落札価格より遥かに高額な金額でしたので、ご希望の金額に手動で価格改定いたしましたら、お昼にはFBAにてアマゾン配送センターより出荷メールが来ました。注文数時間後には出荷するとは、アマゾンの仕事は早いですね。

ちなみにその商品のアマゾン本ランキングは注文前が101万位で注文確定後さきほど見たら3万8千位でした。
本の100万位は売れる・・・が持論です(笑)

・・・と笑ってられないのが、本日午後、ナナブックに届いた一本の電話。買取依頼なら嬉しいのですが、残念ながら以前当方からマケプレで本を購入たお客様からで、本が到着したのですが、1000円ほどの本を買ったはずが代金が1万円以上でびっくり(?)というお電話でした。出品価格の桁を間違えたのでは?というご質問(?)をいただきましたが、当方は、一点一点値段をつけることはなく、全商品、価格改定ソフトげばら使用ですので価格の打ち間違えはありえません(価格設定のミスはよくありますが・・・汗)。
桁がひとつ違ったら欲しかったのですが、1万円以上するのであれば返品ということでした。

また、中古の本で定価1000円そこそこの本がなぜ1万円以上で売られているんでしょうか?というご質問をいただいたので、当方の熱き思いを述べさせていただきました。

「本の定価というのは、その商品の実質価値とは関係なく、設定されるので、一度市場に出て中古本となった後は、需要と供給のバランスにより相場は上下します。ですのでたとえ定価10万円の本が中古で1円になっても欲しい人がいなければ売れませんし、その逆もしかりです。数万円~数十万円で取引される古書なんてのは大抵、売値が数円とか数銭です。それこそ中古本に定価の何倍という指針は全くもって意味のないことなんですよ。」

・・・ということをマイルドに説明させていただきました。
ご購入者様は非常に良識のある御方でご理解いただき嬉しかったです。
しかし言いつつ思ったのは、絶版希少本を扱う機会のある古物商と普通のネットショッピングを楽しむお客様とではやはり温度差があるのは致し方ないのではと思いました。

というわけで商品は着払いで返品してもらうということで、キャンセルということで一件落着のはずだったのですが・・・ようく考えると、当方FBAですので返品キャンセルもAmazon.co.jpで商品を買ったときと同等(マケプレは出品者がすべて対応)なはずなので、申し訳ないのですが、Amazon.co.jpにてキャンセル手続きをお願いいたしました。この画面を説明するのが容易ではなく購入者様に申し訳なかったです&FBAはじめても、全然丸投げできてないっすーーー。

ちなみに今月だけで1万円以上の高額本の注文が4回で、うちストレートに発送できたのが1点のみとは、どれだけ低確率なんでしょうか(泣)

発送前キャンセル1、値段下げにて無事成約1、普通に発送1、商品到着後キャンセル依頼1(現在進行形)

・・・非常に長い前フリでしたが、ここからが本題で、上記2つの出来事、どちらもキーワードは出品価格です。・・・というのもFBAをはじめたのを機会に価格改定ソフトを使うことにしたのですが(FBA出品商品の手動価格改定は非常に辛いというのが理由のひとつです)
おそらく価格改定ソフトを導入する前でしたら、ここまで出品価格は高く設定していないと思ったからです。一長一短のソフトですが、やはり自分はまだまだソフトの性能を最大限まで引き出すほど使いこなせていないのだと痛感いたしました。

今後も在庫無し&単独出品の価格には悩まされる日が来ると思いますが、それも宿命なのでしょうか。

しかしながら、適正出品価格を導きだせる人など存在しないと思っております。

数日前、お亡くなりになった早乙女愛さんの写真集は、現在アマゾンで中古価格最安値1万円以上、明らかに定価より高額です。それでも売れます。ほんの数日前は本ランキング30万位以上、最安値5000円でも売れませんでした。

自分も何年も知ったかぶって古物商に魅入られておりますが、まだまだ勉強不足、精進が足りないと思った日でした。非常に勉強になった一日です。








コメント
この記事へのコメント
ななぱぱさん、こんばんは。売上好調とのことで、なりよりです。こちらは1週間絶不調でしたが、昨日までのヤフオク出品無料デーでかなり出品と再出品をしましたので売れてくれることを期待しておりまーす。私アマゾンにあまり詳しくないのですが、ブログででてきた、1万円の商品を1千円と思われた方は単純に金額を見間違えたのでしょうか?
こちら九州はめちゃくちゃ暑いです。北海道に一度行ってみたいものです。
2010/07/29(木) 00:23 | URL | のたん #-[ 編集]
おはようございます。売上絶好調のビッグパパです。

これはタダ読みの手口でしょうか。自分も「2万円の本を、2千円かと思った」と言われキャンセルしたことがありますが、この記事を先に読んでいればキャンセルに応じなかったと思います。

キャンセル率は随分高いんですね。自分は1万円超えの本でいえば、過去250冊以上は販売していますが、キャンセルはその1冊だけです。

本の価格とブログの面白さはランキングに依存しないと思います。
2010/07/29(木) 06:06 | URL | ビッグパパ #-[ 編集]
おはようございます。
1万円本が、1千円の件は、電話で購入者様とお話した感じでは、値段の桁を千円台と思いクリックしたようです。お客様は最初、千円台でしたらそのまま購入してもよいというご希望をういただきましたが、商品は絶版で他サイト出品無し、アマゾンレビューも複数ある希少本につきお断りしました。

全国的に暑いですよね。特に九州は土砂災害きつえに酷暑と大変と思います。北海道は今朝から大雨で山間部は警報でております。早く晴天になってほしいですね。北海道は、秋が非常に過ごしやすいのでぜひともご来道おまちしてます~。
2010/07/29(木) 09:59 | URL | ななぱぱ #-[ 編集]
おはようございます。
キャンセルは、アマゾンマケプレは個人の判断でキャンセル不可もできた(無理だったかな?商品の説明をきちんと行い、すぐに配送し、連絡も取っていたとしても、購入者の方が商品に 満足されない場合があることを留意してください。返品の通知を受け、商 品が配送時のコンディションのまま商品到着から7日以内に発送されたことが確認できる場合に限り、購入者都合による返品を出品者は了承しなければ いけません。出品者に責任のない返品の場合には、出品者から購入者へ商品が送られた際の送 料および返品の際に要する送料は購入者の負担となります。商品が返品されましたら、出品者から購入者へ商品が送られた際に要した送料を支払われた代金全額 から差し引き、返金手続きをしてください。という文面がAmazonヘルプにありました)ような気もしますが、FBAは完全にアマゾン丸投げなのでお客様がキャンセルと言えば問答無用でキャンセルなのでいたしかたないのでしょう。
ただ購入者様と電話でお話した感じでは、自分の非を認めたうえで謝罪されてらしたのでよい御方だと思います。
そう考えるとキャンセル率はともかく全く連絡もくれないうえにキャンセルしたら報復評価を入れてくる悪徳ヤフオク悪戯落札に比べるときっちりサポートしてくれるアマゾンカスタマーに感謝しております。

>キャンセル率は随分高いんですね。
自分は1万円超えの本でいえば、過去250冊以上は販売していますが、キャンセルはその1冊だけです。

自分も今まで1万超えのキャンセルはこの数年一度もなかったと思いますが、なぜか今月キャンセル多いんですよね・・・
確認できただけでキャンセルは今月6はあります。そのうちなぜか万超え2件でキャンセル総額売値13万円以上(笑)泣いてます・・・

って1万超え250冊以上ですか、さすがせどり界のトゥーリオですね。(攻撃的DF)自分は2006年暮れからマケプレしていまだ手で数えれれるくらいの数字しか高額本は出てないです~というかもともと在庫に無いですが(汗)

>本の価格とブログの面白さはランキングに依存しないと思います。

まとめ方が上手いですね。

2010/07/29(木) 10:17 | URL | ななぱぱ #-[ 編集]
はじめまして。

私は在米なのですが、引越しを機にはじめて手持ちの本をアメリカのアマゾン・マーケットプレイスに出品してみました。

マイナーな専門書とかもあったのですが、特に何も考えずにすべて最低価格に設定したところ、数時間の間に何冊も売れてびっくりしました。

で、手持ちの一冊の中に、NY州の地図帳がありました。小型の本で、普通にこちらの本屋で10ドルくらいで買ったのですが、これは半端に古い版だし売れそうもないから捨てるかな~と思いつつアマゾンをチェックしたところ、在庫切れで、中古の数冊が数万円で売られていました。評価もないし新しい版がもっと安くで出てるのに、どこにその価値が???と不思議でしょうがなかったです。

ただし、探せばアマゾン以外のマイナーなネット書店で定価で買えることも分かってしまったし、自分にも価値がよく分からないので、迷いに迷った挙句、結局定価程度の10ドルで出品しました。そしたら1時間くらいで売れました。売れた途端になんだか惜しくなったのも事実ですが(笑)、新品で買ったのと同じ額で売れたんだからいいかなと思うようにしています。

私も ななぱぱさんのように古本の価値が分かるようになりたいです!古物商とか、憧れます。古いものとか、固有の価値のあるものっていいですよね。長くなってしまいましたが、タイムリーな話題でコメントせずにいられませんでした。
2011/08/31(水) 05:47 | URL | adansonian #SFo5/nok[ 編集]
コメントありがとうございます。

自分もはじめは手持ちの蔵書をアマゾンで売ってからやみつきになり、古書店めぐりをし、現在買い取り業となりました。

アメリカは日本と違ったビジネスチャンスがありそうですね。

いまは、ネットでリアルタイムで相場がわかる時代ですので誰にでもビジネスチャンスはあると思います。
自分もまだまだですのでがんばらねばと思ってます
2011/08/31(水) 13:19 | URL | adansonian さんへ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fc249.blog39.fc2.com/tb.php/586-91df188a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。