買取日記2

ここでは、「買取日記2」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年の夏は7月で終わった・・・
と思ったのがお盆頃。

というのも今夏の猛暑を予感させる連日の高い気温であった7月とはうってかわり
8月の札幌は、天候もよくないうえに気温もあがらず海水浴のピークであるはずの上旬
からお盆にかけ天候の悪さも重なり消化不良の今夏・・・

ハー来年に期待・・・と思いきやまさかの8月下旬になり残暑というか遅れてきた夏というか
まさかの30度超えが続く日々。
9月に入っても3日連続最高気温30℃超えでこれは札幌では数十年ぶりのことらしく
嬉しいやら悲しいやら。

しかしながらお盆に入り買取依頼の少ない状況は続きこのままでは死活問題・・・
と思っているとようやく今月から買取予約、査定依頼が続き少し安堵。

やはり買取依頼なくして売り上げ増加は望めず日々精進。

HKTのゆうこす、NMB48の城が脱退という一般人には縁のないであろうニュースに多大な衝撃を
受けつつ買取に励む日々。

今回の買取のお話はやや昔のお話。

お客様のお宅から買取した本が数万円で売れるということは滅多にはないながらも
ごく稀にありますが・・・

それは今のような暑い日の午後でした。


お客様のお宅に伺うと多数の週刊マンガ雑誌や古びた単行本の数々、話を聞くと他にもたくさん雑誌を所有しているのですが、汚れた本が多いので、綺麗な本を見繕って玄関先に置いてくれていたようです。
他店の査定基準は不明ですがナナブックは商品状態より希少性を重視するので
汚れていてもかまわないのでその他の本も全部見せてください、と言ったところ、本の表面がほこりでまみれた本やが多数出てきました。

お客様が最後にシワシワでよれよれの汚れた雑誌を持ってきました。
食器棚のキャスターが一個壊れたので高さ調整するため数十年前に敷いていたというヨレヨレの雑誌
は70年代のアイドル雑誌でした。それを見た瞬間ナナブック査定担当の目が輝いたのはいうまでもありません。
そのヨレヨレの薄汚れた本は、当日の最高買取額で買取し、後日超高額で売れました。

つくづく買取というのは現地にいかねばわからないと思いました。




敬愛する田山氏のパチプロ日記は絶版のためなかなか入手困難ですが、
無茶苦茶面白いので是非入手したらご一読を。
(個人的には初期の一発台ジェットラインの頃の話が好きですが平成生まれの若い人は一発台やアレパチなんて知らない・・・ですよね?
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fc249.blog39.fc2.com/tb.php/938-9eececb9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。